藤ちょこのイラストが出来るまで

今、最注目の若手実力派イラストレーター藤ちょこさんがイラストの作画過程を大公開!!
イラストってこんな風に描いてるんだ~と、イラストレーター志望者も、ラノベファンも必見ですよ!

第7回(最終回)(2013/10/25更新)

前回に引き続き、背景を描いていきます。


  • パース定規機能をONにして、遠くの建物を描きこんでいきます。和風&中華風の建物をベースにしつつ、オリジナルな要素も加えていきます。色は、あとで“グリザイユ画法”で入れていくのでとりあえずモノクロです。

    1


  • 「眼球堂大商店」と書きたかったのですが、途中で途切れてしまいました。
    怪しげな店ばかりが集まるショッピングモールです。
    かなり大きい建物ですが、普通の人には視認できず、だだっ広い空き地にしか見えません。
    妖怪や幽霊と、通行証を持った人間しか入ることができません。

    ・・・背景はいかに自分が飽きずに描けるかが重要です。このように建物にも物語を持たせると、楽しく描けますよ!キャラクターと同じですね。

    2


  • さらに遠くの建物は、若干うすく描いて、手前との遠近感を出します。

    3


  • 遠くの建物がだいたい描き終わりました。

    4


  • 前回近景を塗ったのと同じように、グリザイユ画法で色を入れていきます。手前の列車やキャラを目立たせたいので、彩度は控えめです。

    5


  • 雲を描きます。
    ブラシでだいたいの形を描いてから、ぼかしツールや指先ツールを使って、形を整えていきます。
    仕上げに、上から加算レイヤーでほんのり光を入れます。

    6


  • 列車のお座敷部分に、いくつか人魂を描きました。『これから冥界へ向かうよー!』

    7


  • 非常に分かりづらいですが、遠くの背景に白っぽい水色を薄くのせました。
    遠くの背景を薄くすることで、遠近感を出します。

    8


  • 弟くんの周りに、呪符を描き入れます。

    9


  • 遠景のレイヤを複製し、ガウスぼかしを掛ける。→ぼかした遠景レイヤの不透明度を下げる。
    遠景の輪郭がマイルドになり、より遠近感がでました。
    絵の終盤は、このように細部の加筆や色調整を、自分が納得行くまで繰り返します。
    ちょっとした色の配置や陰影で、絵の印象はガラッと変わってしまうので。

    10


  • キャラと列車まわりの彩度を上げます。
    そして、刀の周辺および画面左側の列車近くにキラキラした光の粒を描き入れます。
    空中に舞うホコリに、光が反射しているイメージです。
    目立たせたい部分や、画面の流れを出すために描いています。

    11


  • 画面全体に、オーバーレイ(不透明度10パーセントくらい)でテクスチャを貼ります。
    前回床に貼ったテクスチャの、彩度を下げたものです。
    キャラクターの肌部分など、テクスチャの柄が余分に出てしまっている箇所は、適宜けしごむで消していきます。

    12


  • 細部をもうすこし調整して、完成です。

    13

 

使用ソフト:openCanvas5.5、IllustStudio


藤ちょこ Fuzichoco
1990年9月30日生まれ、千葉県出身。
主に書籍の装画や、カードゲームのイラストなどを制作。
主食はチョコレートです。
公式サイト http://www.fuzichoco.com/

スーパーダッシュ&ゴー!では倉田英之氏原作の『R.O.D REHABILITATION』で、コミックに初挑戦!!! 驚異のクオリティでコミックスは大反響発売中です!!!

R.O.D REHABILITATION 特設ページ開設!
このページのトップへ