※12 隆慶一郎先生
『吉原御免状』『影武者徳川家康』などで知られる時代小説家。編集者、大学講師、脚本家などの職を経て、1984年に『吉原御免状』で作家、隆慶一郎としてデビュー。活動期間こそ6年弱と短いが、史実に大胆な解釈を加えた作風が人気を集め、『吉原御免状』『柳生非情剣』と二度直木賞候補 にあげられている。後述の『花の慶次』は、柴田錬三郎賞を受賞した小説『一夢庵風流記』を原作とする原哲夫による漫画。