※8 『大どろぼうホッツェンプロッツ』
ドイツの児童文学家、オトフリート・プロイスラーの代表作ともいえるシリーズで、大泥棒と二人の少年の対決と交流を描く。三部作で、一作目は1962年に発表された。