※9 (ガブリエル・)ガルシア=マルケス
『百年の孤独』などで知られるコロンビアの小説家。日常と非日常が混在するマジックリアリズムの旗手として活躍。『エレンディラ』は1978年の作品。